2011年5月2日月曜日

放射能測定結果 4月末

オーガニックファームつくばの風の小林です。
当農場の野菜の測定結果が出たのでお知らせします。

■測定結果
試料名:ホウレンソウ
ヨウ素131:7Bq/kg (国の暫定規制値は2,000 )
セシウム:134, 137ともに不検出
採取日:4/27
※前処理:国・県の測定と比較できるようにするため水洗いしました。
測定機関は東京ニュークリアサービス(つくば事業所)


栽培方法:トンネル被覆。4月上旬にトンネルを外し、以降は露地栽培。4月中旬の大雨、大風の時は露地でした。

■考察
・ヨウ素は半減期とおり、減少しています。
・セシウム汚染を防御できたのはトンネルのおかげか。
・トンネル外した後もセシウム汚染を防げているので、最近はヨウ素、セシウムの降下はない模様。
・周辺土壌からの飛散による付着も現状では気にしなくてよいレベル。(このくらいなら農作業時に呼吸で肺に取り込んでしまう心配も過剰にする必要はなさそう。しかし強風時は念のためマスクすべき)
・ホウレンソウは他の野菜に比べ特異的にヨウ素を沈着させることが放医研の研究によりわかっています。

ほかの核種については、透明性を担保した上で公的機関やNGOに測定して欲しいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿